あいさつ

「おはよう!」まずは朝のあいさつから英語で始めよう!

Kohaku
Kohaku
Hello!
I’m Kohaku.

こんにちは!
『英語で子育て』を実践中のこはくです。
とは言っても、まだ『英語で子育て』を始めたばかり。
私にとって英語は、数ある“勉強”の中でずっと苦手な科目でした。
英語に憧れはものすごくあるのに、同じくらい…いやそれ以上の苦手意識!

「英語で子育てしてみよう!」と思い立ったものの…

Kohaku
Kohaku
……………っ!!
(英語が口から出てこない!!)

そんなときは、まずこのひとことから始めましょう。

Good morning!



和訳 おはよう!
カタカナ発音 グッモォーニン!
英文 Good morning!
発音記号 g`ʊ(d) mˈɔɚnɪŋ (米国英語)

朝のあいさつを英語で言ってみよう

朝のあいさつと言えば Good morning!
英語で子育てをすると決めたなら、朝から英語を使ってみてください。
朝から英語を発するとテンションも上がって、いい感じの1日の始まりになります♪
Let’s speak English!「英語を話そう!」

Kohaku
Kohaku
Good morning!
これなら私にも言える♡

いつでも使える:Hello!

朝、昼、夜、時間関係なくいつでも使えるのが、Hello!
日本語でいうと「やぁ!」「どうも!」といった感じです。
使う時の時刻が関係ないので、人に会ったらまずHello!と言ってみるのもいいですね。

昼のあいさつ:Good afternoon.

午後にあいさつするなら、Good afternoon.
「こんにちは。」の意味です。

noonは正午を意味するので、Good afternoonは正午の後、つまり午後のことなのです。
私はこの英語を中学生の時に習いましたが、午後っていってもいつまで使えるの??と疑問に思いました。

だって、Good afternoonの後にはGood eveningが控えていますから(>o<)
そんな疑問についての答えはのちほど♡

夜のあいさつ:Good evening.

夜のあいさつは、Good evening.
「こんばんは。」の意味です。

さて、夜って何時からが夜なんでしょうか?
Good afternoon.とGood evening.の使い分けはどうなるのでしょうか?

夜は1日の終わりの時間で、通常は午後6時から就寝までです。
夕方の始まりと終わりの正確な時間はありません(夜間も同様です)。
時計の時間に関して正確な定義はありませんが、社会的には午後6時頃から始まると考えられています。

Wikipediaの定義です。
ちょっとわかりにくいですが、午後6時頃もしくは暗くなってきたら夜です(^w^)

あいさつ切り替えのタイミング


日本語と同じで、朝は「おはよう。」Good morning.
お昼の12時を過ぎたら「こんにちは。」感覚でGood afternoon.
日が暮れて暗くなってきたなぁ、となったら「こんばんは。」でGood evening.
こんな風に使えばOKです!

英語を話そう!毎日使おう!楽しもう!

まずは英語を口から出してみよう!

英語に慣れるには、英語を使うしかありません。
自分自身にとっても、こどもたちにとっても、日常に英語があることがとても大切なのです。

毎日英語を使おう!

言葉のわからない赤ちゃんは、まわりの人の言葉を毎日ずっと聞いています。
そしてある日、言葉を発するようになるのです。
生まれてすぐに言葉をペラペラと話しだす赤ちゃんはいません。
同じように英語もすぐに話せるようにはなりません。

だからこそ、簡単な英語でも毎日使うことがとても大事なのです。

楽しみながらやろう!

ママが楽しそうに英語を使うようになったら…
こどもたちは英語は楽しいものだ!と思います。
私の望みのひとつは、英語に親しみを持ってほしい!ということ。
これはクリアできそうですよね。

英語がうまく言えなかったとしても、とにかく楽しむことが大事です。

親が英語ができなくてもOK!

Kohaku
Kohaku
私、英語は苦手だったんだけど…

私は英語が苦手科目だったので、私の英語は中学生レベルです。
リスニングに至っては、英語で話しかけられたらパニックです。
意味を理解しようとする前に、頭が聞く耳をもたずにシャットアウトです。

そんな私でも大丈夫!
ママが英語ができなくても大丈夫!


赤ちゃんに言葉を伝える時、日本語も単語から伝えますよね。
例えば、りんごを指差しながら。
「りんご」「これはりんごって言うんだよ。」
そんなに風に言葉を教えます。

ママもこどもと一緒に英語を覚えていけばいいのです。
簡単な英語から、ひとつずつ覚えて使っていきましょう。

最初から親が英語ペラペラである必要はないのです。

こはくさんちのリアクション

わが家には3人のこどもたちがいます。
『英語で子育て』を実践しようと決めた時の年齢は、8歳3歳1歳。
それぞれ年齢が違うところからの『英語で子育て』スタートです。

それまではとくに英語教育をしていませんでした。
こどもたちからしてみれば、ある日突然ママが英語を口にするようになりました。
そんなこはくさんちの、それぞれのこどものリアクションをここでご紹介します。

長男:ゴトル

【『英語で子育て』1日目】

Kohaku
Kohaku
(朝からハイテンション)
Good morni~ng♡
ゴトル
ゴトル
ん~っ!?
…何?ママどうしたの~?もう朝?

【『英語で子育て』3日目】

Kohaku
Kohaku
(朝からハイテンション)
Good morni~ng♡
ゴトル
ゴトル
ん~?
あぁ、おはよー。

【『英語で子育て』7日目】

Kohaku
Kohaku
(朝からハイテンション)
Good morni~ng♡
ゴトル
ゴトル
…苦笑。
Good morning…

最初はやたら英語を使いたがる母に「また何か始まった…。」と思っていた様子の長男くん。
(私は好奇心旺盛でなんでもやってみたがる性格なのです。&飽き性)
私が英語を使い始めて1週間くらい経つと、私の「英語使って♡使って♡」オーラを受け入れてくれました。
そして、私がGood morning!と英語で言えば、Good morning!と返してくれるようになりました。

次男:リンゴ

【『英語で子育て』1日目】

Kohaku
Kohaku
(朝からハイテンション)
Good morni~ng♡
リンゴ
リンゴ
やだー!!!

【『英語で子育て』3日目】

Kohaku
Kohaku
(朝からハイテンション)
Good morni~ng♡
リンゴ
リンゴ
やだー!!!あっちいってー!

【『英語で子育て』7日目】

Kohaku
Kohaku
(朝からハイテンション)
Good morni~ng♡
リンゴ
リンゴ
やだー!!!

はい。次男くんはいやいや期なのです。
もう終わりかけのいやいや期とはいえ、もとから朝が少々苦手。
そこへママがハイテンションで英語で話しかけてくるのがいやな様子です。
いやいや期のこどもへの英語アプローチはちょっとやり方を考えてみよう、と思いました。

三男:レモン

【『英語で子育て』1日目】

Kohaku
Kohaku
(朝からハイテンション)
Good morni~ng♡
レモン
レモン
やな。(やだ。)

【『英語で子育て』3日目】

Kohaku
Kohaku
(朝からハイテンション)
Good morni~ng♡
レモン
レモン
(くすくす笑いながら)
まめ。(だめ。)

【『英語で子育て』7日目】

Kohaku
Kohaku
(朝からハイテンション)
Good morni~ng♡
レモン
レモン
(はにかみながら)
…もーにん♡

たどたどしくも「モーニン」と返してくれました!感動でした!
まだ言葉がちゃんとしていないけれど、言い方がめちゃくちゃ可愛い♡
1歳後半の三男くんで、そろそろいやいや期始まりの気配がありますが、まだまだ素直な月齢。
わりかし素直に英語を受け入れてくれそうです。

今後もこどもたちのリアクションをご紹介していきたいと思います。
それぞれの詳しい性格などは、プロフィールをご覧ください↓

あわせて読みたい
Profileはじめまして。...

まとめ&Today’s English

朝のあいさつから英語で話す習慣をつけましょう。
英語に限らず、言葉は使うことで使えるようになります。
うまく言えなくても大丈夫!
簡単な英語でOK!毎日英語を話してみましょう♪

Today’s English

Good morning! 「おはよう!」
Hello! 「やあ!」
Good afternoon! 「こんにちは!」
Good evening! 「こんばんは!」

Kohaku
Kohaku
Thank you for reading this to the end.
Have a nice day!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よい一日をお過ごしくださいね!